タグ別アーカイブ: 税金

<検証>来年度のふるさと納税のリターンを計算してみる


今までお伝えしてきた通り、来年度のふるさと納税は更に寄附を増やすため、大胆な改革がなされそうです。改定点は以下の3点です。

①税額控除の上限額の引き上げ
②個人負担額の引き下げ
③確定申告手続きの不要化

③は納税者の手続きを簡素化する措置ですが、①②はふるさと納税のリターンとコストに大いに関係する話です。従来の制度下でも十分にお得度はありましたが、来年からどれだけ得になるか具体的に検証してみます。

続きを読む

スポンサーリンク

↓節約術を知りたい方はこちら
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

【さらに朗報】ふるさと納税の負担を半額に 納税者の負担が1,000円に引き下げ


またまたビッグニュースが飛び込んできました。来年度から、ふるさと納税の納税者の負担を半額の1,000円に引き下げる動きがあるようです。

◯ふるさと納税 負担半額に(テレビ東京)
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_73346

政府が「ふるさと納税」の負担額を現在の半額の1,000円に引き下げることがテレビ東京の取材で明らかになりました。金額の上限も住民税のおよそ2割まで引き上げ、確定申告をしなくてもいいようにします。変更は来年4月の予定。

来年度から税額控除の上限額が2倍となることや、確定申告の手続きが不要になることはお伝えしてきましたが、個人負担額の引き下げは更にふるさと納税の利用者を増やすことになりそうです。

続きを読む


ふるさと納税の手続き簡略化 もう一つの狙い


先日のブログで紹介したふるさと納税の手続き簡略化について、日経新聞の記事をよくよく読むと気になる内容がありました。

◯8月13日付 日経新聞
現在、控除の上限額は所得税の一定額と個人住民税の所得割額の1割。このうち所得税の控除をなくしたうえで、住民税の所得割額の2割に引き上げる。

これこそが、ふるさと納税の制度改定の大きな狙いのような気がします。

続きを読む


【朗報】サラリーマンに嬉しい ふるさと納税が確定申告不要に


昨日の日経新聞でふるさと納税の制度改定の記事が載っていました。紙面の半分を占めるスペースで報じられており、ふるさと納税がこれほど大きく取り上げられたことは見たことがありません。

「来年度から実施する方針」と紹介されており、正式に制度改定が決定したわけではありませんが、大きな報じられ方を見るに、実現可能生は高いでしょう。

来年度からの改定点は大きく2点。一つは、税額控除の上限額が2倍になること。もう一つは、確定申告の手続きが不要になることです。私は、後者の方が大きなインパクトがあると感じています。

続きを読む


【朗報】ふるさと納税の拡充 控除上限額が倍になる?


政府がふるさと納税の制度を拡充させることを検討しているようです。

◯ふるさと納税拡充 官房長官「控除額の上限倍に」(日経新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0501M_V00C14A7PE8000/

日経新聞の記事によると、菅官房長官が、ふるさと納税に対して「額を2倍にすることや手続きを簡単にすることを含めて取り組んでいきたい」とコメントしたそうです。

実際にこのコメント通りに制度が改定されるケースを考えてみます。

続きを読む