ふるさと納税の手続き ①寄附金の上限額を知る


ふるさと納税をこれから始める人のために、基本的な手順をまとめてみます。

最初は豪華な特典選びに夢中になりがちですが、まずは自分にとって一番有利になる寄附金の額を知ることが肝心です。

スポンサーリンク

ふるさと納税は自己負担額を2千円に収めてその額以上の特典がもらえることが魅力です。

どれくらいの額の寄附までだったら自己負担2千円に収まるかは、収入や納税額によって異なります。

この仕組みはやや複雑ですが、自己負担2千円に収めるための寄附金額を紹介するサイトが
探せばいろいろと見つかってきます。

私は千葉県のサイトがわかりやすく、参考にさせてもらいました。
千葉県「ふるさと納税」(個人住民税の寄附金控除)について

正確に寄附金の上限額を調べたい人にとっては源泉徴収票などの内容を埋めていけば計算するツールがありますし、細かい計算が面倒、という人には家族構成と収入からだいたいの上限額がわかる表が見られます。

この額に収まる範囲で、寄附金を調整していけば少ない金額で最大の特典を得られることができます。

あくまでも目安なので、「絶対に2千円以上負担したくない」という人は計算額よりもやや少なめの額で寄附をすることをおすすめします。
(計算上43,000円と出てきたら、寄附の額を40,000円にする、といった具合に。)

スポンサーリンク

↓節約術を知りたい方はこちら
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>