ふるさと納税の住民税が控除されなかった理由


会社から住民税の決定通知書が届きました。(横に細長い紙です。)ふるさと納税をして確定申告をした人は、ぜひ今年払う住民税が減っているかチェックしましょう。

ふるさと納税の控除された税金は市民税・県民税の「税額控除額」の合計すればだいたいわかります。(ふるさと納税以外の控除も含まれているのであくまでも目安ですが。)特に昨年からふるさと納税を始めた人は、去年の決定通知書と見比べてみると、ふるさと納税の節税効果が実感できるはずです。

私もチェックしてみました・・・。

スポンサーリンク

あれ、計算が合わない・・・。

私の試算ではあと4,000〜5,000円ほど住民税が控除される計算だったのですが、控除額が少なく出ていました。確信は持てませんが、原因はおそらく医療費控除にありそうです。

ふるさとチョイスのシミュレーターを使うと、医療控除がかかるほど控除を受けられる上限額が下がります。私は昨年、妻の出産があったため、そこそこの額を医療費控除として申請しましたが、医療費控除を考慮せずに上限額の計算をしてしまいました。その影響があって、上限額を超えて寄附をしてしまったのでしょう。

改めてふるさと納税の計算は複雑で、素人にはマスターしづらいものと実感しました。どうしてもふるさと納税の負担額は2,000円に収めたい方は、各サイトで紹介されている目安額より、少なめの寄附に留めるのが良さそうです。

スポンサーリンク

↓節約術を知りたい方はこちら
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>