【朗報】ふるさと納税の拡充 控除上限額が倍になる?


政府がふるさと納税の制度を拡充させることを検討しているようです。

◯ふるさと納税拡充 官房長官「控除額の上限倍に」(日経新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0501M_V00C14A7PE8000/

日経新聞の記事によると、菅官房長官が、ふるさと納税に対して「額を2倍にすることや手続きを簡単にすることを含めて取り組んでいきたい」とコメントしたそうです。

実際にこのコメント通りに制度が改定されるケースを考えてみます。

スポンサーリンク

まず、上限額が2倍になるとどうなるか。
現在は、年収400万円の独身者で寄附金の上限額の目安は22,000円。それが倍になると、44,000円程度になります。(ふるさとチョイスのサイトを参考今まで1万円の寄附で特産品が2つしかもらえないことが、4つまでもらえることになります。寄附先選定の楽しみが更に増えそうです。

また、コメントには手続きの簡略化にも触れていますが、具体策まではわかりません。しかし、わざわざ確定申告をしなくても済む制度への改定を期待したいです。ふるさと納税の最大のネックは、確定申告の必要のないサラリーマンに、面倒な手続きを強いてしまうことです。確定申告不要の制度になれば、寄附をする人が爆発的に増える予感がします。

官房長官の言う通りになれば、一人当たりの寄附金額も寄附をする人も増え、ふるさと納税の活性化につながることは間違いなしです。早急に実現して欲しい政策です。

スポンサーリンク

↓節約術を知りたい方はこちら
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>