山形県天童市のふるさと納税に注目



山形県天童市のふるさと納税
が活況なようです。山形新聞の報道によると、昨年度は年間を通して6名しかいなかった納税者が、今年度から特典を導入したことによって、8日間で642名(既に100倍!)にまで膨れ上がったとのことです。

◯4月9日 山形新聞
http://yamagata-np.jp/news/201404/09/kj_2014040900184.php

確かに魅力的な特典を取り揃えており、天童市の熱意と人気の理由がわかります。

スポンサーリンク

ユニークなのは、ふるさと納税の企画に明治大学の学生が参画している点です。(明治大学プレスリリース:PDF

学生にとっては実際の自治体活動を通して地域活性化が学べる機会となりますし、天童市にとっても客観的な外部のアイデアが取り入れられるなど、双方にとってメリットがあります。今後、このような仕組みは増えていくのではないでしょうか。

せっかく自治体と大学が連携したので、特産品の選定だけでなく、今後のフォローについても企画を進めてもらうことを期待しています。特産品を贈呈するだけのふるさと納税に終わらせるのではなく、どうやって効果的な地域活性につなげるかは、十分に研究テーマになりえるのではないでしょうか。

新しいモデルの先駆けとして、天童市の取り組みにはこれからも注目していきます。

スポンサーリンク

↓節約術を知りたい方はこちら
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>