ふるさと納税の手続き ⑤確定申告をする


1年間のふるさと納税を全て終えたら翌年に確定申告をして、税金の還付手続きをします。

サラリーマンには確定申告をしたことが無い人も多く、この手続きが難しく煩わしそうに感じるかもしれませんが、わからないことは税務署の方が丁寧にサポートしてくれます。

納税証明書などの必要書類があれば知識ゼロでも手続きはできるでしょう。

スポンサーリンク

還付手続きは確定申告の時期(2月中旬〜3月中旬)に限らず、5年以内に申告をすればOKです。(平成25年のふるさと納税分は、平成30年まで申告可能。)
わざわざ込み合う確定申告時期に税務署に行く必要はありません。

とは言っても、あまり遅すぎると還付金が手元に届くのも遅くなるので、納税証明書が揃ったらすぐに手続きをするのがベストです。

私は昨年度分はe-taxでの納税にチャレンジし、1月末には申告完了、2月には還付金の受取りができました。

せっかく、ふるさと納税で金銭面の恩恵を受けられたので、時間の面でも無駄が出ないように、手早く申告をしましょう。

スポンサーリンク

↓節約術を知りたい方はこちら
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>