ふるさと納税の手続き ④12月に駆け込み納税をする


ふるさと納税の勝負時期は12月です。

ふるさと納税のメリットを最大限に活用したいのであれば、12月はスピーディーに動く必要があります。

スポンサーリンク

年初に税額控除が受けられる寄附金額の上限を求めたとしても、1年の正確な収入は12月になるまでわからないもの。

サラリーマンであれば、会社から源泉徴収票をもらったら、直ちに望ましい寄附金額を再計算して枠内いっぱいに納税することが理想です。

但し、12月後半に納税を集中させすぎるのは禁物です。
この時期は納税が集中して特産品の発送が遅れがちになりますし、支払いに時間がかかる自治体であれば、年内に納税ができないケースも発生します。

年収や税額控除の目処がだいたいわかっているのであれば、11月までに大半の納税を済ませて、年収確定後に微調整の納税を行うのが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

↓節約術を知りたい方はこちら
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>